スポンサードリンク

2014年01月25日

ルイ・ヴィトン ダミエ

LOUIS VUITTON ダミエライン


LV39.jpg


LOUIS VUITTON製品の中で、モノグラムラインに次いで
絶大な人気を誇っているのがダミエラインです。

このダミエラインの特徴は、チェック柄に近く、
日本の市松模様をヒントにデザインされたとされています。


モノグラムラインとはまったく異なるデザインで、
落ち着いた雰囲気を醸し出していますね。

lv62.png


モノグラム柄はどちらかというと、華やかな印象なので、
シックなイメージにまとめたい方はダミエラインが
オススメかもしれません。


1867年パリ万博後、フランスで日本ブームが沸き起こり、
1888年ルイ・ヴィトンがコピー商品防止のため、
日本の市松模様をモチーフにした模様をトランクに用いた、
というのがダミエラインの始まりです。


ダミエラインは、もともとモノグラムの色調をそのまま取り入れた
「うす茶色×焦茶色」のモデルだけだったのですが、
2007年頃より女性向けの「白×青」モデルが登場し、
2008年頃から男性向けの「黒×グレー」のバリエーションも加わりました。
各色にはそれぞれ名称が異なっており、茶系のものを「エベヌ」、
白系のものは「アズール」、黒系のものを「グラフィット」
と呼んでいます。


茶系「エベヌ」
LV37.jpg



白系「アズール」
LV35.jpg



黒系「グラフィット」
LV34.jpg



元祖カラーの「エベヌ」は総称のダミエと呼ばれる事が多いようです。
白系はアズール、黒系はグラフィットと呼ばれています。
なお価格帯や、形式などはモノグラムラインと基本的に変わりません。


実は、ダミエラインの「エベヌ」のオリジナルデザインは
モノグラムラインよりも歴史が古いのですが、
簡単な紋様であったためにコピー商品が氾濫し、
1896年、モノグラムの誕生と共に一時は廃盤になりましたが、
1996年、モノグラム誕生100年を記念してダミエラインが復活。
その後定番ラインとなり現在に至ります。


今ではモノグラムラインよりも大人でシックなイメージの
ダミエラインがいいというファンも多く存在し、
モノグラムラインと二分するほどの
絶大な人気を得るようになりました。




ダミエ・ジェアン
LV38.jpg

2004年に発表された男性向けのダミエラインです。
ダミエの市松模様が大きく施されているデザインが特徴。
男性向けを意識したラインナップが豊富で、
ゴルフバッグなどのスポーツティーな商品があります。

どんな製品があるのかは、サイトなどをチェックしていただき
あなただけのお気に入りを見つけてくださいね^^



posted by レディナナ at 22:22 | ファッション・ブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。